ags_banner002
[Announcement] Released Media Information

[Announcement] Released Media Information

メディア掲載・執筆情報ページを公開しました。 ◆ベトナム航空機内誌 Helitage◆ 「ベトナム・ビジネスへの切り口」を弊社AGSグループ代表の石川が執筆・連載しております。 ◆在越日本人ビジネスマンの新雑誌SKECH PRO◆ 「賢者の税務・会計術」の連載記事を弊社ハノイ事務所の津田が執筆しております。 ◆連載集コラム Web版SKETCH 「ベトナム人経営者の気質」◆ 「ベトナム人経営者の気質」の連載記事を弊社の河原が連載しておりました。 ◆時事速報ベトナム便◆ 「ホーチミン便り 会計・税務事情」の連載記事を弊社代表の石川が執筆しております。 ◆海外進出支援サイト ヤッパン号◆ 「ベトナム進出支援の専門家」に弊社AGSグループ代表の石川が掲載しております。 ◆海外進出のプロが御社をサポート Digima~出島◆ 「海外進出サポート企業 スペシャルインタビュー」に弊社AGSグループ代表の石川が掲載しております。 詳しくはコチラのページで公開しました。
【お知らせ】日本人インターン生募集開始しました

【お知らせ】日本人インターン生募集開始しました

ベトナム ホーチミン事務所で日本人インターン生の募集を開始しました。 詳しくは、以下のURLをご確認ください。 【AJITORA】http://ajitora.jobweb.jp/intern/sm-12003 (募集要項より一部抜粋) ■こんな人を求めています ・インターン内容に興味を持っている人 ・「行動する」人(前提として、やる気、積極性、様々な事を学ぼうという意欲がある方) ・アセアンのビジネスで活躍したい人(アセアンで起業したい人) ・意見を述べることができる人 ■その他 これからの時代を先取りして、「単なる海外インターン」ではなく、「本気の」海外勤務経験を体験して下さい。きっと仕事に対する見方も変わると思います。 ベトナムのように変化が早いところでも対応できるスキルやナレッジは何なのか、実践するということは何なのかが見えてきます(もちろん、異文化体験とか、海外体験とか、ベーシックなことも見えてきます。) その他のインターンシップに関する情報はコチラ
【Q&A】ベトナムの所得税法において確定申告の対象となる期間はどのようにして決まるのですか?

【Q&A】ベトナムの所得税法において確定申告の対象となる期間はどのようにして決まるのですか?

目次 ①ベトナムに入国初年度の場合 (1)入国日の属する暦年で183日以上ベトナムに滞在した場合 (2)入国日の属する暦年で183日未満の滞在であるが、入国日からの1年間では183日以上滞在している場合 ②ベトナムに入国2年目の場合 ●留意点 今回は「ベトナムにおいて確定申告の対象となる期間はどのようにして決まるのですか?」という問いに答えます。 確定申告の対象となった方は、確定申告対象期間の末日から90日以内に確定申告を行う必要が あります。そこで、確定申告の対象期間の決定方法について問題になってきます。 今回は帰任する場合等のケースは除き、ベーシックにベトナム入国初年度、2年目以降のケースについて取り扱っていきたいと思います。 ①ベトナムに入国初年度の場合 (1)入国日の属する暦年で183日以上ベトナムに滞在した場合 課税対象期間はベトナム入国日の属する暦年(1月1日から12月31日)となります。 →例えば2012年4月にベトナムに入国し、2012年12月31日までの間に183日以上ベトナムに滞在していた場合は、課税対象期間は2012年1月1日から2012年12月31日までとなります。ベトナムに入国する前の期間についても対象となっていますが、日本で納付した税金については外国税額控除で控除する事となります。 (2)入国日の属する暦年で183日未満の滞在であるが、入国日からの1年間では183日以上滞在している場合 課税対象期間はベトナム入国日から連続する12ヶ月間となります。 →例えば2012年11月にベトナムに入国した場合、2012年12月31日においてベトナム滞在 日数が183日以上になる事はありません。その場合には、入国から1年後の2013年11月までで183日以上滞在していた場合は、課税対象期間は2012年11月の入国日から連続する12ヶ月間という事になります。 ②ベトナムに入国2年目の場合 ベトナム入国2年目の暦年で183日以上ベトナムに滞在している場合は、 課税対象期間は1月1日から12月31日までとなります。 ●留意点 ①の(2)に相当する時、場合によっては申告の後、すぐに②の申告が必要になる場合があります。その場合、この②の申告を失念しないように注意が必要です。 確定申告の対象期間は、ケースにより違いがありますので、勘違いから対象期間を誤って認識してしまっていたという事のないよう正しく理解しておく事が大切です。 次回は短期滞在者の所得税免除制度について解説します。
8月22日(金)池田泉州銀行主催「ベトナム進出セミナー」の講師を務めました。

8月22日(金)池田泉州銀行主催「ベトナム進出セミナー」の講師を務めました。

8月22日(金)堺市商工会議所2階大会議場で開催された「ベトナム進出・販路開拓セミナー」にて、弊AGSグループ日本法人ABC合同会社の大阪事務所 所長の河原が講師を勤めさせて頂きました。当日会場には80名を越える参加者にお越し頂き、熱気溢れるセミナーと成りました。 詳しくは下記の池田泉州銀行様URLよりご確認下さい。 ~「ベトナム進出・販路開拓セミナー」~ 【主 催】堺国際ビジネス推進協議会(事務局:堺市産業政策課)、株式会社池田泉州銀行 【協力】近畿経済産業局、ジェトロ大阪本部、中小機構近畿本部、堺商工会議所 池田泉州銀行様URL: http://www.sihd-bk.jp/news/140901.html ABC合同会社 大阪事務所 所長 河原:abc.kawahara@gmail.com
(日本語) ベトナムは母乳に代わるミルクの広告を禁止

(日本語) ベトナムは母乳に代わるミルクの広告を禁止

 2014年11月6日、政府が議定100/2014/NĐ-CPを発行し、赤ちゃん用の栄養食品・哺乳瓶・人工乳首を販売したり消費したりすることについて規定した。  本議定に基づいて、24ヶ月以下の赤ちゃん向けの母乳に代わるミルク商品に対するサービス・広告行為は禁止される。そして、赤ちゃん向けの栄養食品を経営・生産する企業は:  *スタッフに対し、母乳に代わるミルク商品を広告・宣伝・利用勧奨する目的で母親、妊婦、そして、その家族メンバーに直接、または、間接的に接触しないこと。  *母乳に代わるミルクの会社は、科学研究や育成の奨学金援助や会議・会談・講座・演奏会・大会などで経費援助を通して広告活動をしてはいけない。  本議定は2015年3月1日から有効になり、議定21/2006/NĐ-CPに代わるものである。 (thuvienphapluat.vn 2014年11 月13日) —————————————————————————————— 本ニュース文は、お客様及びAGSベトナム各事務所のスタッフに提供されるものである。ニュース内容は参照する目的のみに使用される。読者がニュースの如何なる情報を使用しようとする際には、予めAGSに問い合わせする必要がある。
ベトナムでの一部食品等は期限表示(消費期限、賞味期限)の記載不要に

ベトナムでの一部食品等は期限表示(消費期限、賞味期限)の記載不要に

2014 年12月19日以降、食品、調味料および加工食品に使用する食品添加物に対する表示ラベルの記載に関する共同通達34/2014/TTLT-BYT-BNNPTNT-BCTが施行される。  本共同通達に基づき、以下の食品等は期限表示(消費期限、賞味期限)の記載不要。  *アルコール度数10%以上の飲料  *製造後24時間以内に消費されるパン、ケーキ、食用酢や食塩を使用した食品、固形の砂糖  *香辛料、ハーブ、最も大きい面の面積10cm2未満の小梱包食品は、それらを内包する大梱包に必要十分な表示がある場合に限り、消費期限の記載不要。  本共同通達は通達15/2000/TT-BYTに代わるものである。 (thuvienphapluat.vn 2014年11 月13日) —————————————————————————————— 本ニュース文は、お客様及びAGSベトナム各事務所のスタッフに提供されるものである。ニュース内容は参照する目的のみに使用される。読者がニュースの如何なる情報を使用しようとする際には、予めAGSに問い合わせする必要がある。
2015年1月1日からベトナム国内各地域による最低賃金が約15%上昇

2015年1月1日からベトナム国内各地域による最低賃金が約15%上昇

企業法に従って経営する企業単位に対して、ベトナム各地域による2015年の最低賃金は月250,000~400,000ドンへ引き上げられた。  政府は、労働者雇用契約のある企業・協同組合・牧場・世帯・個人・各機関・組織に勤務する労働者に対し、地域による最低賃金を規定した議案を発行した。その議案により、2015年の地域別最低賃金は現行より月250,000ドン~400,000ドン高い。詳細は以下の通りである。  これは、国家給与協会に承認され、8月に政府に出された法案に比べて第1地域および第2地域の最低賃金は変更がない。しかし、第3地域は20,000ドン、第4地域は50,000ドン法案と比べて引き下げられた。  最低賃金を適用する対象は企業法に従って設立・組立・管理された企業(FDI企業も含む);協同組合、連合協同組合、協力会、牧場、世帯、個人、および、雇用労働者のあるベトナムの他組織である。その他、上記の議定は海外機関・組織、国際組織およびベトナムにいる外国人にも適用される。  議定には地域による最低賃金が上記のように明白に規定され、その規定は基準として企業と労働者が給与交渉する際、労働者の給与は最低賃金と同等、または、最低賃金より高いことを確保する。職業訓練を受けた労働者(企業は自社で育成した労働者も含み)に享受する給与は地域による最低賃金より最低7%高いこと。  地域による最低賃金を実施する際、企業は各給与制度を撤回・免除してはいけない。たとえば、労働者は残業したり、夜勤したり、厳しい環境および毒害環境で働いたりする労働者に対する法的制度、現物でサポートする法的制度などである。そして、企業が規定した補助金、手当、賞金は労働契約の通りに実施以前11月10日に国家が承認した2015年の国家予算についての議決では、法律設立機関が統一して、国家予算から給与を受け取る対象の630万人に11兆ドン費やすことに同意した。給与の増加は月8%、9万ドンとなる。 (kinhdoanh.vnexpress.net 2014年11 月10日)   —————————————————————————————— 本ニュース文は、お客様及びAGSベトナム各事務所のスタッフに提供されるものである。ニュース内容は参照する目的のみに使用される。読者がニュースの如何なる情報を使用しようとする際には、予めAGSに問い合わせする必要がある。
ベトナムの残業代の計算方法

ベトナムの残業代の計算方法

 2014年11月5日、労働傷病兵社会問題省はオフィシャルレター4163/LĐTBXH-LĐTLを発行し、祝日・テト(旧正月)・有給休暇日の夜間(22:00-6:00)の残業代について2012年労働法の規定によりガイドラインを示した。  オフィシャルレターによると、月給制労働者が、祝日・テト(旧正月)・有給休暇日の夜間(22:00-6:00)に残業をする場合の給与は最低A[300%a] + B[30%a] + C[20%a] = 390%aとする。aは労働者の平日の給与である。  日給制労働者は、上記の390%aに加えて、規定された日給も享受する。   <参考> A祝日・テト(旧正月)・有給休暇日の規定 B夜間就業の規定 C祝日・テト(旧正月)に残業をする場合の規定 (thuvienphapluat.vn 2014年11 月06日) —————————————————————————————— 本ニュース文は、お客様及びAGSベトナム各事務所のスタッフに提供されるものである。ニュース内容は参照する目的のみに使用される。読者がニュースの如何なる情報を使用しようとする際には、予めAGSに問い合わせする必要がある。
ベトナム中央銀行、預金および短期貸付の上限金利を引き下げ

ベトナム中央銀行、預金および短期貸付の上限金利を引き下げ

2014年10月28日、ベトナム中央銀行(国家銀行)は以下の決定を発行し、国内銀行および外国銀行支店における預金および短期貸付の上限金利を引き下げた。  *決定2172/QĐ-NHNNに基づき、アメリカドル建て預金の上限金利は法人の場合(国内銀行、外国銀行支店を除く)は年利0.25%(従来と同じ)、個人の場合は年利0.75%(従来より0.25%引き下げ)となる。  *決定2173/QĐ-NHNNに基づき、ベトナムドン建ての普通預金、および、満期1ヶ月未満の定期預金の上限金利は年利1%となる。  満期1ヶ月以上6ヶ月未満の定期預金の上限金利は年利5.5%(従来より0.5%引き下げ)となる。ただし、信用基金およびマイクロファイナンス機関は年利6%(従来より0.5%引き下げ)の金利を適用可能。  *決定 2174/QĐ-NHNNに基づき、ベトナムドン建ての短期貸付の上限金利は年利7%(従来より1%引き下げ)となる。ただし、信用基金およびマイクロファイナンス機関は年利8%(従来より1%引き下げ)の金利を適用可能。 上記の決定は2014年10月29日から施行となり、決定 497/QĐ-NHNN, 498/QĐ-NHNN, 499/QĐ-NHNNに代わるものである。 (thuvienphapluat.vn 2014年10月28日) —————————————————————————————— 本ニュース文は、お客様及びAGSベトナム各事務所のスタッフに提供されるものである。ニュース内容は参照する目的のみに使用される。読者がニュースの如何なる情報を使用しようとする際には、予めAGSに問い合わせする必要がある。
規模を拡大し、ベトナムの農業の持続可能な発展へ

規模を拡大し、ベトナムの農業の持続可能な発展へ

農業は2013年のGDPに19.3%の貢献をしたが、将来的に農業は様々な課題に直面すると予想されている。そのため、農業が持続可能な発展に向かうように、ベトナムは農業の生産規模を拡大し、農産品の価値を高める必要がある。  これらはベトナムで開催された農業経営科学会議で主なテーマとして議論された。10月14日、ホーチミン市でEuroChamに属す食品・農業・水産産業委員会(FAASC)、および、ヨーロッパー・ベトナムビジネスネットワーク(EVBN)が主催してこの会議が行われた。  ベトナムは世界的な食品安全の課題に大きな貢献しており、特に、9,000万人のベトナム人および世界の60億人以上に食品・食料を供給している。現在、ベトナムは世界第2位の米およびコーヒーの輸出国であり、世界トップの水産加工品の輸出国の1つである。しかし、ベトナムの農業の生産規模はまだ小さく、輸出品も主に加工食品ではないため、輸出価値が高くないとFAASC主席Gabor Fluit氏は述べている。  ベトナムコーヒーは市場価値の15%、世界輸出市場シェアの17%(国際コーヒー機関ICOによると)を占め、農業分野のGDPに10%の貢献をしているが、その付加価値は他国より低いとベトナムカカオ会の主席Luong Van Tu氏は述べている。  現在、ベトナムの栽培面積620,000ヘクタールのうち、50%以上は農家の敷地面積である。小規模農家が多いため、栽培・収穫の新技術を同時に導入することが難しい。そのため、生産コストが高く、生産効率も低い。そして、コーヒーの品質も不平一であり、品質分類および加工が難しい。  農産品の価値を高め、持続可能な発展へ向かうために、まず、生産習慣を変更し、生産規模を拡大し、気候変更に対応する農業開発プロジェクトに十分な投資政策を立案する必要がある。農業の生産性と農産品の品質の持続可能な向上は栄養基準の向上に比例するとGabor Fluit氏は述べている。 (baodientu.chinhphu.vn 2014年10月14日) —————————————————————————————— 本ニュース文は、お客様及びAGSベトナム各事務所のスタッフに提供されるものである。ニュース内容は参照する目的のみに使用される。読者がニュースの如何なる情報を使用しようとする際には、予めAGSに問い合わせする必要がある。
2020年までのベトナム裾野産業マスタープラン

2020年までのベトナム裾野産業マスタープラン

10月8日、商工省は決定 9028/QĐ-BCT を発行し、2020年までの裾野産業マスタープラン、および、2030年までのビジョンについて承認した。    本決定に基づき、2020年までの目標は、裾野産業の製品が生産および国内消費に対する需要の45%に対応でき、そのうち25%の輸出に対応できることである。    2020年には、裾野産業の製品を供給できる企業が1,000社、工業生産額の11%を占めるようになる計画である。    裾野産業マスタープランは3つの主な分野に集中する。それは部品産業、繊維・製靴産業、ハイテク産業である。    本決定には裾野産業に対する課題対策、支援政策、および優先的な投資プロジェクトリストが示されている。  本決定は2014年10月8日から有効。 (thuvienphapluat.vn 2014年10月10日) —————————————————————————————— 本ニュース文は、お客様及びAGSベトナム各事務所のスタッフに提供されるものである。ニュース内容は参照する目的のみに使用される。読者がニュースの如何なる情報を使用しようとする際には、予めAGSに問い合わせする必要がある。
ベトナム、ASEMに積極的に参加

ベトナム、ASEMに積極的に参加

イタリア公共首相Matteo Renzi氏の招待を受け、Nguyen Tan Dung首相は10月16日~17日にMilanで行われる第10回アジア欧州会合(ASEM)の首脳会合(サミット)に参加する。  「持続可能な成長と安全保障のための責任あるパートナーシップ(Responsible Partnership for Sustainable Growth and Security)」をテーマとする第10回ASEMサミットでは4つの主な内容を集中的に検討する。その内容は①欧州債務危機についての課題、②グローバル問題、③相互に関心を持っている国際的課題、④ASEMの将来としている。  ASEMに参加して18年間、ベトナムは常に、積極的に、責任のあるメンバーとしてASEMにおける役割や地位を担ってきた。特に、2004年の第5回ASEMサミット、および、経済・情報通信技術・外交・教育・労働分野に関する閣僚会議を計5回、ハノイで開催してきた。  EUおよびASEMにおける他のパートナーとの関係を深めるため、2014年、ベトナムはミレニアム開発目標(貧困撲滅)、人的資源開発および教育、水資源管理、災害対応、メコン川およびドナラ川における具体的な協力促進などの分野に集中的に提案し、実施してきた。  ベトナムはハノイで11月18日~20日に「ビジネスと人権」をテーマとする第14回ASEMの非公式人権セミナーを主催する。このイベントはベトナムが国連合人権委員会のメンバーとして主催する最も大きなイベントであり、アジアとEUとの対話および相互理解を深めることに貢献するものである。  今回、Nguyen Tan Dung首相は第10回ASEMサミットに参加し、サミットにおける重要な内容に対して積極的に貢献し続け、ベトナムの地位を高めることを目的としている。それと共に、持続可能な成長および安全保障に関する課題についてASEMメンバーと協力し、パートナーシップ関係を深めることを目的としている。 (baodientu.chinhphu.vn 2014年10月10日) —————————————————————————————— 本ニュース文は、お客様及びAGSベトナム各事務所のスタッフに提供されるものである。ニュース内容は参照する目的のみに使用される。読者がニュースの如何なる情報を使用しようとする際には、予めAGSに問い合わせする必要がある。
企業の困難を解決する各税法の修正法案が国会へ

企業の困難を解決する各税法の修正法案が国会へ

財務省の提案により、企業の困難を解決するため、各税法の修正・補足に関する法案に以下の3つの内容が追加された。 1.畜産業および水産業を支援するため、飼料を付加価値税(VAT)5%(優遇税率)から非課税へ変更。 2.事業免許税(ライセンスタックス)の免除。 3.有価証券および不動産譲渡による収入に対する個人所得税(PIT)の納付に関して二つの方法から選択可能。  ズン首相は財務省の提案に同意し、財務省に対し、各省および関連機関と協力して各税法の修正・補足に関する法案の完成を急ぐよう支持した。これらは国会常務委員会で審議され、第8回国会に提出される。 (canhtranhquocgia.vn 2014年10月06日) —————————————————————————————— 本ニュース文は、お客様及びAGSベトナム各事務所のスタッフに提供されるものである。ニュース内容は参照する目的のみに使用される。読者がニュースの如何なる情報を使用しようとする際には、予めAGSに問い合わせする必要がある。