Search

ベトナムのアパレル産業の日本への輸出売上が第1位

税関総局の暫定結果によると、2018年8ヶ月間で、ベトナムから日本への輸出総額は245.2億ドルに達し、前年同期比で14.6%上昇した。

日本への輸出売上高は122億2200万ドルに達し、2017年の同時期と比較して11.5%増加し、日本からの輸入は12.31億ドル、17.9%増加となった。

2018年8ヵ月間で、ベトナムは90.38万ドルの対日貿易赤字を計上したが昨年の対日貿易黒字は521.53万ドルを計上した。

日本に輸出される商品は非常に多様であり、その中には総額10億米ドルを超える3つのグループとして、繊維製品、自動車・トラックなどの車両及び関連パーツ、機械/設備/工具に分けられる。

その中で、繊維製品は最も高い売上高となり、総輸出額の20.2%を占め、24.77億米ドルに達している。2017年8ヶ月間で25.6%上昇した。自動車・トラックなどの車両及び関連パーツは繊維製品に次ぐ売上高であり、総額の13%を占め、15.2%増加の15億9000万ドルに達した。続いてが機械/設備/工具が続き、9.9%を占め、12億1000万ドルに達している。

2018年8ヶ月間で、ベトナムから日本への輸出額は前年と比べて高い成長を示している。鉄鋼輸出は237.8%上昇し、3,878万ドルに達した。プラスチック材料の輸出も199.5%と大幅に増加し、2,191万ドルとなった。輸出は肥料(33%増、288万ドル)、鉱石および鉱物(29.8%増、881万ドル)、鉄鋼製品(29.4%増、2億7,385万ドル)において増加した。

一方、日本へのキャッサバの輸出は急激に減少し続け、前年同期比70.8%減、254万ドルであった。そのうえ、日本への原油とコショウの輸出も減少し、前年同期比で26.9%減少した。

日付:2019年4月2日 (http://tapchicongthuong.vn/bai-viet/det-may-dan-dau-ve-kim-ngach-xuat-khau-sang-nhat-ban-57647.htm)

Japan
Vietnam