Search

【AGSニュース翻訳】ベトナムと日本が協力して、ベトナム人労働者の違反者を制限する

7月1日、東京(日本)でベトナム労働傷病兵社会問題省のダオ・ゴック・ズン大臣と日本の法務省の山下貴司大臣はベトナム人労働者に関する協力覚書を締結した。

(中略)

日本への労働者の就労を目的とした留学の乱用を制限するために、双方は、ベトナム人学生が退学もしくは除籍、もしくは失踪した技能実習生または難民の在留資格を申請しているベトナム人が日本において実施される技能試験を受験することを禁止する。

さらに、この覚書には、入管法や労働法と同様に、ベトナム人労働者に対する日本語教育や技能訓練の実施、旅費に関する権利も明記されている。

労働・傷病兵・社会問題省によると、協力覚書では厳格さを保証し、日本へ就労を目的として留学制度を悪用する個人や組織に制限をかける。また、覚書において基本的な法的枠組みを確立し、労働の受け入れを保証させる。

近年、実習生の逃走と日本で不法に働く留学生が増加している。背景としては、多くの留学コンサルタント会社がベトナム人を騙して、手数料を徴取して、勉強をしながら高収入の職業に就くことができると過大広告をしているためである。

日付:2019年7月1日
(https://vnexpress.net/thoi-su/viet-nam-nhat-ban-cung-ngan-chan-nguoi-lao-dong-trai-phep-3946345.html)

Japan
Vietnam